【今週(10月26日の週)の勝手な株価天気予報】西の低気圧は力業で勢力を保ち、東の高気圧は不安定。今週の気圧は先週と同様、狭い幅で変動しそうです。日本は曇り、小雨となるー週間となりそうです。
SEARCH

「コロナウイルス」の検索結果32件

業務用扇風機でエコに夏を過ごす! 業務用扇風機レビュー

先月ホームセンターでセール中の業務用扇風機を購入しました(通常価格5,980円が4,980円税込)。業務用扇風機というものは工事現場、工場で使うものですが、購入目的は筆者の仕事場環境を新型コロナウイルス予防対策でもある風通しを良くすることと涼をとること。実際の全体評価は3.8。結果気温32度までテレワークすることが可能になりました。

競争倍率100倍!! シャープの国産マスク インプレッション

この度、巷で有名なシャープの国産マスクをゲットできましたので、インプレッションいたします。価格は50枚で約4、000円。安全・安心のためのコストと思えば、時価では妥当な価格だと思います。新型コロナが感染拡大する中で、火事場泥棒のような商売を展開した「Made in China」製はもう二度と買いません。一日も早く、品質の良い国産マスクを量産して、得体の知れない悪いマスクを駆逐しましょう。

アフターコロナ、更にその後の近未来予想図

日本の政府の対応がこれほど遅いのは「どこで」「どうふんずまっているのか」野党にはそこを追求して欲しいものです。政府の対応に批判もありますが、予算の組み替えもして様々な手当てが整備されつつあります。しかし現実は完全に規模が足りません。そして日本は瀬戸際に立っています。新たな新型コロナウイルス補正予算を大いに期待しています。アフターコロナを考察してみました。

現場で奮戦する医師の渾身レポート、新型コロナウイルスへの正しい対処方法

筆者は2日くらい前(4月28日)から体調不良になり「もしや、自分は新型コロナではないのか?」とふと思ってしまいました。過去記事で「武漢のコロナウイルスに慌てない」と書いたにも関わらず。そんな時に知人経由である大手病院の新型コロナウイルス最前線に立つ感染症内科医によるレポートを入手しました。このレポートを読む事で、筆者は安心して休養をとり、5月1日現在、体調はすっかり回復いたしました。その要約を記事化しました。

「紺碧の艦隊」用語説明①:コミンテルン

「紺碧の艦隊」は黄泉がえりした英霊達が、コミンテルンと影の政府が画策して招いた太平洋戦争という過ちに立ち向かうアニメです。コミンテルンと影の政府の史実を物語に仕込み、同じ過ちを繰り返すなというメッセージを感じます。物語の底流にあるコミンテルンについて用語説明をしてみました。

世界銀行とパンデミック債

国際ジャーナリスト堤未果氏が「WHOのパンデミック宣言が1ヶ月以上も遅れた不都合な理由」という動画を観て大変興味が沸き、筆者なりにFACTを調べてみました。世界銀行、WHO、コロナ、ファンドなどを調べるうちに新しい事実もわかってきました。FACT度は3.5です。

コロナショック、個人投資家これからの心構え②

先週、本ページトップでお知らせしている株価点予報は大外れ、0点でした。全ての指標は下落、人・物は停滞したにも関わらず、株価は上昇しました。その原因分析を考察してみました。また個人投資家のこれからの戦略は「山」だと考えています。ただしリスクはあります。