【今週(7月6日の週)の勝手な株価天気予報】西の低気圧は勢力を維持し、東の高気圧の気圧上昇も変わらず。日本は次第に天候の明暗が分かれてきます。国内へ非難が上策です。

コロナウイルスと「一帯一路」との関連性

Sponsored Links

コロナウイルスと一帯一路との関連性

コロナウイルスの世界拡大を地図で確認していると、どうしても「一帯一路」の図が浮かんでしまいます。

参考までにこちらは「海のシルクロード」の詳しい図です。

さてコロナウイルスと一帯一路は関連性があるのでしょうか。

感染マップと「一帯一路」の図を重ねてみる

そこで感染マップに「一帯一路」を重ねてみまました。下図が3月21日現在の状況です。

これに「一帯一路」重ねてみると・・・

地図の縮尺が若干合っていませんが、何か関連性がありそうです。

Sponsored Links

更に感染者国で比較

更に関連性を明確にするために感染国と「一帯一路」参加国を比較してみました。

実はこの比較は難儀しました。まず150ヶ国以上が何らかの形で参加を表明しているのでそのカウントだと全部「〇」になります。

ですのでここではJETROの「第2回「一帯一路」国際協力ハイレベルフォーラム、283の成果案件を公表」に紹介された内容を元に、今年北京で4月25~27日に開催された第2回「一帯一路」国際協力ハイレベルフォーラムで何らかの契約・協力・締結をした国で比較させて頂きます。

感染順位感染国(感染者の多い順)「一帯一路」参加国
1中国:87,286〇:主催国
2イタリア:47,021
3スペイン:21,571
4ドイツ:19:848
5イラン:19,644
6アメリカ:19,624
7フランス:12,632
8韓国:8,652
9スイス:5,544
10イギリス:4,014
11ニュージーランド:3,003
12オーストリア:2,649
13ベルギー:2,649
14ノルウェイ:1,959
15スウェーデン:1,639
15デンマーク:1,337
17カナダ:1,085
18マレーシア:1,030
19ポルトガル:1,020
20ブラジル:977
21日本:963〇:日本からは二階幹事長が出席

正直、母数が約150ヶ国以上ですので余り統計として役立つ比較ではないと思います。

まとめ

現在、西欧で時期が少し遅れましたがコロナウイルスの感染拡散が拡大しています。陸路を見る限り全く無縁ではないと考えても不思議ではないと思います。

 

 

Sponsored Links
最新情報をチェックしよう!